『宮廷装束に見る 源氏物語の四季』

書籍『宮廷装束に見る 源氏物語の四季』

編集 有職文化研究所・風俗博物館
発行 NPO法人 有職文化研究所
A4判変形・カラー・170ページ
税込み価格 2,200円
(書店では販売しておりません。当研究所までお問い合わせください)

2002年1月に松屋銀座で開催された展覧会「宮廷装束に見る『源氏物語』の世界」の図録・解説書です。
【内容紹介】
光源氏の邸宅・六條院の精巧なディオラマや古装束類を中心として、皇子誕生の場面に始まり、公家の四季おりおりを彩る調度品類にいたるまで、百数十点の出品物すべてについて、カラー写真と解説とで御紹介します。

江戸時代から昭和時代まで、代々の皇后・中宮のお召しになった御装束や、孝明天皇の御斎服・昭和天皇のおでんちと御産着など、たいへん珍しい装束も載録しています。

ごあいさつ …… 高円宮憲仁親王

源氏物語と装束

源氏物語 …… 六條院の四季 …… 春・夏・秋・冬・調度・建築

宮廷装束の四季 …… 春の装束・夏の装束・秋の装束・冬の装束

出品目録(和文・英文) ほか

© 2021 有職文化研究所